Home > Academics > ESL
住所:Taihu International School, 543 Jin Shi Road, Bin Hu District, Wuxi, 214121, Jiangsu Province, P.R. China.

ESL

ISでのELLプログラムは、学生が教室内で大切な科目の授業中に英語のサポートを受けることができる広範囲なプログラムです。私たちのプログラムは、ELLの教員が授業に参加し、共同計画と共同教育を科目教科の教員と共に、語学のスキルを学び、語学と共に知識技能も習得します。本校では、英語力検定WIDA (World Class Instructional Design and Assessment)を使用し、ELLの生徒の英語力の成長と生徒への語学指導の参考資料にし、IBの語学フェーズと共に、語学力のニーズを満たしています。生徒がこのプログラムに適する年齢に値する生徒は、入学時にテストされてます。WIDAテストは年に2回実行されます。英語を学習していない学生は、中国語の学習時間を利用しELLの教員が特別サポートが必要でないと判断するまで、数ヶ月の英語サポートを受けます。
PYPではELLの教員が半日教室内で科目の教員と共にサポートに就きます。個々の生徒のパフォーマンスと詳細葉は以下の表から確認でき、指導計画へ発展して使用されます。子供たちの成績がレベル/フェーズ6に達しますとELLのサポートが必要でないと判断され、ネイティブレベルと判断されます。
MYPでのELLの生徒は、語学習得プログラムに位置し、ニーズに応じます。レベル/フェーズ1-2,3-4と5と分けて語学習得クラスを受けます。語学力が上達していくに従いレベルを移動します。レベル/フェーズ5まで上達しますと、生徒は言語文学のクラスを受講し、そのせいとは、ネイティブと同じレベルのパフォーマンスとみなされます。TISでは非英語教育、非英会話の生徒の受け入れはDPプログラムの準備が不可能になるため、 M2以降は受け入れることが出来ません。
DPの生徒はD1に進学する際、最低でもレベル/フェーズ5の実力がなければなりません。ELL生徒達は、ランゲージBまたは上級のレベルや文学を選択することが出来ますが、生徒は、上級レベルでも実力があるということをデモンストレーションしなければなりません。

WIDAテスト レベル/IBフェーズ

基準

WIDA level/IB Phase 1 Entering

可視や写実により最低限の社交上の言葉と、最低限の学力言語がわかる

WIDA level/IB Phase 2 Entering

可視や写実により多少の社交上の言葉と、一般的な学力言語がわかる

WIDA level/IB Phase 3 Entering

可視や写実により社交上の言葉が使え、特定の学力言語がわかる

WIDA level/IB Phase 4 Entering

社交上の英語が使え、学力の専門用語がわかる

WIDA level/IB Phase 5 Entering

社交上の英語が使え学力言語グレードの学習教材が活用できる。PYPではモニタリングされMYPでは言語文学に移動できる可能性がある。

WIDA level/IB Phase 6 Entering

社交上と学力言語が共に使え、このテストでは最高のレベルにあります。この生徒はESLのサポートはこれ以降必要としません。