Home > Admission > よくある問い合わせ
住所:Taihu International School, 543 Jin Shi Road, Bin Hu District, Wuxi, 214121, Jiangsu Province, P.R. China.

よくある問い合わせ

1.Q:TISが子供達また十代の子供たちに提供できることは?

TISは小規模で小クラスであり個人の関係や距離が近い学校です。これにより、生徒それぞれのニーズと対応が受けられます。規模の大きい学校は施設や設備の面ではたくさんの選択があるかもしれませんが、大規模であるということで、雲隠れしてしまう生徒も少なくないでしょう。母国語のプログラムは、週に3授業あり韓国語、ドイツ語、フランス語、中国語が選択できます。生徒は自分にあった言語を選ぶことが出来、または母国語の言語の時間に当ててもかまいません。全校生徒が週4時間の中国語を習得し、そのレベルごとにクラスわけをしています。放課後のクラブ活動は6週間ごとに選択内容が変わります。PYPとMYPの生徒はELLサポートをクラスの中で受けて、場合によっては英語力の向上のために授業外での指導を受けます。MYPの生徒対象にパストラルケア-を用い、ソーシャル、心的ケアーまた進学相談を設けています。

2.Q:どんな国籍の子供たちがいますか?

世界他国の子供たちが在籍しています。英国、フランス、ブラジル、ドイツ、スペイン、スウェーデンを含めてのヨーロッパ各国。アジア圏内では、韓国、シンガポール、マレーシア、スリランカ、インドまたは中国。アフリカ圏内ではブルンジ、ジンバブエ、ルワンダ。北米では、アメリカ、カナダ。オーストラリア、ニュージーランド。TISではさまざまな国籍、民族、多様の文化や習慣の学生を受け入れています。

3.Q:教員はどこの国の方ですか?

本校の教員は教員免許を取得している教育のプロフェッショナルで、英語力、口語力、筆記力共に上級者です。多数の教員が英国、ニュージーランド、オーストラリア、米国、カナダです。韓国、中国、フィリピン、ジンバブエ、ブルンジ出身の教員も共にすばらしい資格と英語力を持った教員です。教職員半分以上が、修士号取得者で国際学校での教員経験があります。IB協会により国際色豊かな教職員が在籍していることにより祝福されました。広範囲で面接を行うことにより、優秀な職員の確保を可能にし、雇用に当たっては経歴の確認を速やかに行います。  

4.Q:では世界各国の大学入試の準備が出来ますか?

TISでは幼稚園からグレード12まで受講できます。高学年はIBの中学プログラムに属し、その後、2年間のIBのDPプログラムを習得し、IBテストを受けIBのDP習得修了書または本校の高等部卒業証書の取得が可能です。国際学校認定校として、習得修了書、卒業証書共に世界各国への大学進学を可能にします。本校を卒業した学生は、カナダ、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、中国の大学へ進学しています。本校では、進学希望者へのカウンセラーが在籍し、生徒の大学進学申請、SATテストの準備、レターのサポートを行っております。TISはSATテスト受講許可の認定を受けています。

5.Q:TISでは入試を行いますか?

学生はESLのサポートが必要かどうかの判断材料として、英語力の口語、リスニング、リーディング、筆記テストと基本的な算数のテストを受けて頂きます。高学年M4またそれ以上の入学希望の生徒は、受講するに当たりそれ相当の英語力を備えていなくてはなりません。保護者は学生の英語力診断テスト結果のコピーを持参し提出してください。  

6.Q:母国でIBプログラムは認識されているでしょうか??

IBプログラムのPYP,MYP,DPプログラムは世界中で広く認識されています。たくさんの国々が自国の教育システムよりもIBプログラムを好みます。IBは生徒に国際的な知識と多文化への理解を広げる。そして、協調性を高め、考える力を養い、問題を解決する力も養います。そして、会社で必要とされる仕事への姿勢やスキルも養わせてくれるプログラムです。IBプログラムの詳細はwww.ibo.orgでご確認ください。  

7.Q:TISは英語力なしの生徒も入学できますか?

本校は英語を学んでいる学生(ELL)プログラムを用いてEY3-M2の生徒への対応を行っています。基本的には生徒が受講中にESLの教員によるサポート指導が入ります。M3-D2の生徒につきまして、全くの英語力を持たない生徒の受講は学習内容からも非常に厳しいものがあります。しかしながら、其の場合学生ごとに、場合に応じ方法を補うことになるでしょう。

8.Q:TISのクラス学年わけと母国の学年との比較?

各国さまざまにクラス名が存在しますが、本校では、IBプログラムに添ってそのクラス名を決めています:
クラスEY3-KG は the IB Primary Years Programme (PYP) の3-5歳
クラスP1-P5 はIB Primary Years Programme (PYP) 6-11歳
クラスM1-5 IB Middle Years Programme (MYP) 11-16歳
クラスD1-2 IB Diploma Programme (DP) 16-18歳
グレードとの比較:
P1 = US G1
P1 = UK Year2
P1 = France Cours Préparatoire
P1 = 日本 小学校1年生
P1 = Korea Primary 1 (Korean age 8 on 1st Sept)

9.Q:TISで使用しているカリキュラムは?

The International Baccalaureate (IB) は 低学年 (PYP), 中学年 (MYP) と高等部(DP)のプログラムがあります。. フレームワークは最高の国際的なカリキュラムの要件から開発され、問いと研究に重点をおいたものです。TISではこのフレームワークをテキサス州の基準でサポートしています。KGからM3の生徒はこれにより基準の学習力を確保しています。

10.Q:TISでもその他の語学はなにがありますか?

EY3 と EY4の幼児は中国語の授業を毎週受けています。 KG以上の生徒は週に4授業。レベルにより学年で3クラスに分けられます。 初心者 (IB phase 1-2),中級者 (IB phase 3-4)そして上級者 (IB phase 5-6) クラスがあり、かなりの少人で行えます。その他、外国語の選択としては、ドイツ語、韓国語、フランス語により母国語のレベルを保つ努力をしています。選択外国語は週3授業。その他の外国語は、保護者によって母国語の授業を自主学習といった形で図書室で行ってもかまいません。

11.Q:課外授業にて(ECAs) どんなスポーツが利用できますか?

TISではECAsにて週三回 の時間帯は3:10-4:00。 月曜、火曜、木曜行います。ほとんどのECAが本校教職員にて実行され、その場合は追加受講料はかかりません。 (サッカー、バスケットボール、バトミントン、クラフト、ボードゲーム、料理、読書クラブ、ガーデニング、ダンス、水泳、スケートまたはその他)。また外部のコーチが指導に当たる場合は追加受講料がかかります。 (テコンドウ、レゴ、音楽、ドラマ、コーディングまたはその他) TISは無錫と蘇州の国際学校とサッカー、バスケット、バトミントンまた水泳の試合も行っています。9歳から11歳の学生とMYPが対象です。練習はスポーツシーズンに週2回行われます。

12.Q:TISにはPTAがありますか?

はい。本校のサポートとしてPTAは毎月1回の会議を行って降ります。保護者全員がメンバーであり、代表として実行することも可能です。 PTAは本校のサポートとコミュニティーサービスのプログラムを担い、生徒の保護者と出会うことが出来ます。PTAタブが学校のウェブに記載されていますので、是非ご覧ください。